病院理念
  • 求人
  • 透析
  • 各種社会制度
アクセスマップはこちら
特定医療法人 三上会
ごあいさつ
東香里病院は昭和29年9月生駒連峰のふところに抱かれた北河内平野の一角、風薫る丘陵地で診療所形態の病院として開設されました。
時代の変遷と共に病院も幾多変貌し、内容も少しずつ変わっておりますが、社会福祉に貢献するという一貫した固い信念は、いささかも変わっておりません。
かかる深い伝統と貴重な経験を基軸とし、近代医学に則した高度の診断能力を提供する、最新医療機器を導入しつつ、心のかよった診療を目指しています。
東香里病院理事長画像
東香里病院理事長
三上 裕司
患者様のニーズに応じた地域に根ざした一貫した医療・介護サービスを提供します。
総合病院東香里病院は、親切・丁寧・迅速な対応をモットーとして、一般医療・救急医療を行っております。
また、予防医学・リハビリテーション・在宅医療などにも力を注ぎ、関連施設である介護老人保健施設カリタス東香里、訪問看護ステーションと連携することにより、患者様のニーズに応じた地域に根ざした一貫した医療・介護サービスを提供しております。
今後も、患者様が安心して診療を受けられる、患者様から信頼される病院を目指して努力を続けていく所存ですので、何卒、よろしくお願い申し上げます。
医院長画像
東香里病院院長
藤井 正満
社会生活も含め総合的に対応するようなチーム医療
数年前まで医療は専門性を追求することに重きを置いてきました。 しかし、ここ数年は総合的チーム医療が重要視されています。 ここで言うチーム医療とは
多くの合併症が存在する症例に対してそれぞれの専門医が連携を取り合うというものです。
しかしこの理想と思える体制には個々の専門医を統括する総合医(ジェネラリスト)が必要であり、残念ながら総合医の能力を持った医師は決して多くはありません。
では当院も含め総合医のいない医療施設ではチーム医療ができないのでしょうか。私達はチーム医療に様々な形があると考え、当院においては医師・看護師・ワーカー・患者・患者家族など医療だけでなく社会生活も含め総合的に対応するようなチーム医療を心掛けています。

東香里病院 副理事長:三上 聡司
患者一人に対して、各分野の専門家が連携しながら治療を行います。
病院理念
医療総合サービスの提供を通じた、エリアゾーン開発
1、医療と福祉の両機能の連携を最大限に活かしたトータル的なケアサービス提供機関を形成。
2、地域ぐるみのケアシステムの構築を目指します。
3、明るさと安心をもたらします。

医療法人三上会は、
医療総合サービスの提供を通じて、地域ゾーンの開発に役立ちたいと考えております。

ページTOPへ▲