骨粗鬆症外来

「骨粗鬆症のことが心配・・・」、「予防や治療をどうしたらいいか・・・」とお悩みの方は、是非受診ください。

若い人でも栄養や運動不足、副腎ステロイド剤、腎不全などの影響でかかることもあります。現在、わが国では、寝たきりの原因の第1位が脳卒中、第2位が老衰、第3位が骨粗鬆症による骨折とされており、今後骨粗鬆症がさらに増加すると予想されています。

ご案内

診察日 毎週水曜日 9:00~11:30(祝祭日を除く)
診察内容 骨粗鬆症は、骨密度測定、レントゲン検査、血液検査、尿検査で診断できます。いずれも苦痛を伴わず、短時間で安全に検査できます。
治療・支援 骨粗鬆症の治療には、食事・運動・薬物療法の3つがあり、骨のもろさの程度に応じて使い分けます。何の症状もない最初の時期から治療を開始する方がより有効です。ただし、素人療法でカルシウム製剤やビタミン剤をむやみに服用するのは、思わぬ副作用が出ることもあり禁物です。薬物療法は医師の指導の下に実施することをお勧めします。
予約電話番号 072-853-0501

外来担当表

藤井 正満

※診察は午前のみとなっております。

禁煙外来

現在準備中です。